のぞき!ふぉ。

「なぁ、ずみこ。あんた、フツーにかわいんだからさ」

 不意打ちの褒めをもらい、戸惑う。

「ずみこに相応しい人、きっと現れるよ」

 志田は平手と凄く仲が良いことを思い出した。しかも、こいつは何故か、平手の前だと変にかっこつけるところがある。
 まさか、こいつも平手争奪戦に加わっている一人で、少しでもライバルを減らそうと企んでいるのでは。
 思う前に、探りを入れていた。

「てっこのこと、嫌いなの?」

 あえて好きとは訊かない陰湿な自分に、心の中で呆れる。
 志田はきょとんとした。

「いんや。え、なんで? 大事な仲間だよ。むしろ、弟みたいな?」

 もう一度、記憶を手繰たぐり寄せる。
 デビュー当初、渡辺とずっとつきっきりで仲良かったのが、平手という恋人が出来てからは距離を置くようになった志田。
 確信した。
 こいつは、渡辺のことが好きなんだ––––。

「でも、これだけは言っとく」

 瞳はまっすぐだ。

「平手は、やめとけ」

 志田は、私が知っている“いい友達”ではなかった。
 何を考えているかわからないけど、人に好かれるような計算もなく、素直な気持ちをぶつけてくる。それがたとえ、私の欲しい言葉ではなかったとしても。けれど、胸がじんじんと熱くなっている。私は、嬉しいと感じていた。

コンコン

 突然のノック音にびっくりした。

「佑唯~?」

 ドアの向こうから小林の声がした。

「ほら、来た。 “相応しい人”が、ずみこを探してるよ。さっさと行ったら?」

(志田は、よくわからない。本当に、わからない)

 さっきまでの真剣であれど優しさをたたえた目が、なぜか不機嫌そうに吊り上っている。

(優しいと思ったら、冷たくする)

「なによ……理佐と毎晩しけこんでるくせに! 性欲おさるが、偉そうな口叩かないで!」


(そして、不覚にも、志田にときめいてしまった自分のこともわからなくなった––––)

 私と志田は、水と油かもしれなかった。不機嫌な目を見ただけでカーッと血がのぼった私は、くすぶっていた怒りをぶちまけるように、こいつにはっきりと言い放った。
 理佐のことを平気で持ち出せたのは、セックス現場の目撃体験を共有していたからかもしれなかった。
 きびすを返して小林のとこへ向かうところだった。

コンッ

「った!」

 頭に何かぶつけられた。それはカンカンという音を立てて床に転がっている。モンスターボールのカプセルだった。

「はぁ?」

 キッと振り返ると、志田は投げたポーズをしていた。

「悪ぃ。なんか、つい」

(はあぁぁぁぁぁぁ!?)

「意味わかんな! ばぁーか!」

 そんな捨て台詞を吐いて、乱暴にドアを開けた。

(ほんとなんなんだよ、あいつ!)

 勢いよく開けられたドアに、驚いたらしい小林は目を丸くして、反射的に後ずさっていた。ごめん、の一言をかける余裕ないくらい、むしゃくしゃしていた。

(嫌い嫌い嫌い、大っ嫌い!)

 悔しいことに、私は泣き虫から卒業できないらしい。また涙が溢れ出す前に、小林に抱きついた。
 後ろから、顔も見たくないあいつが近づいてくる。

「すまん。こばの好きな子、泣かせちゃった」

 志田は小林の肩にポン、と手を置くと、どこかへ行った。
 小林は心配そうな声で私に訊いた。

「佑唯、愛佳となにかあった?」

 私は何も答えないかわりに、嗚咽を漏らしていた。
 誰にも言えない秘密を、また志田と共有することになるなんて––––。

 

コメントを残す