愛撫の刑

 慣れない性的体験に、戸惑いが次第に快感へとゆるやかに昇っていくのを感じつつ、ある違和感を覚えていた。
 理佐の荒くなっていく息遣いに、血走ってギラついた眼、生々しく伝わってくる熱い体温。理佐ではない、まるで別の生き物がそこにいる気がした。
 綺麗な顔から下へと視線を落とすと、私は驚きで固まった。理佐の半ズボンが、テントを張っているではないか。初心うぶな処女にはショッキングな光景であった。

(ぼ、勃起してる? やはり、電車で見た丘は幻なんかじゃなかったんだ!)

 いつも小学生扱いされている私が、理佐を昂奮させている嬉しい事実に、女としてのよろこびを覚えずにはいられなかった。志田に挿れてるおちんちんが、自分にも勃たせられるという妙な自信が、私を昂ぶらせていく。

(やだ、私ってなんか嫌なやつ!)

 理佐の端整たんせいな顔が切なげに歪み、懸命に情欲を抑えているようだったが、履いている半ズボン全体が持ち上がっており、全然昂りを隠せていなかった。世にも卑猥なテントであった。
 何故か私の中の奥のほうで、キュンとうずきだした。
 性的刺激を受けるのは触覚だけだと思っていた。視覚でも、聴覚でも、嗅覚でも。五感から性的興奮を得るのだな、とまたひとつ賢くなった。ならば、味覚は? と、思っていたその矢先だった。

 いつのまにか理佐の美しい顔が至近距離にあった。
 瞳は潤みきって、毛穴が見当たらない滑らかな肌は紅潮している。いつもは余裕そうに私に命令を下す涼しげな顔がいつしか、エロティックなものになっていた。濡れた髪の毛が頰に貼り付いているのがなんとも艶かしい。
 今までに見たことのない顔に、生唾を呑み込む。

(理佐って、こんな顔するんだ。すごく、女の子らしくていやらしい顔もみせるんだ……)

 理佐の欲情しためすの顔に見惚れていると、私の唇にかぶり付くように奪ってきた。私の唇を押し開いて、生温なまぬるい舌をねじ込むように挿し入れてきた。初めてのディープキスだった。私の唇を情熱的に求められていることがまた新たな自信となって、アソコが熱を帯びていく。

(これが、理佐の味……)

 かすかにミントの味がした。歯磨きのあとだろうか。私も理佐に応えるように、舌を動かす。
 最初は未熟な動きをみせていた二枚の舌が、情熱的に絡み合う。理佐の舌が、誰にも汚されたことのない私の無垢な舌に、れろれろとエキスを塗りたくる。

「はぁぁ……」

 洩れてしまった私の悩ましい声に呼応するように、理佐は指の動きを速めた。もっと理佐を感じたかった私は、形のいい唇の内側へと侵入し、甘い唾液をむさぼり尽くすように味わう。とても、美味しい。
 唐突に、私のアソコから指を引き抜くと、いきなり予想外の行動に出た。

1件のコメント

コメントを残す