愛撫の刑

「色気なー」

 彼女の口から出た、デリカシーのない感想にムッとした。私のパンツは水玉模様で色気には乏しいかもしれないが、年相応と思う。むしろ、まだ10代のくせにしてレースだの紐パンだの、果てにはTバックを好んで身につける貴女たちのほうが異常だと、異論を唱えたい。

(そういえば、志田ちゃんは、あれ。志田ちゃんのってどんなだっけ……)

 慌てて頭から振り払った。恋敵の下着姿を懸命に思い出そうとモヤモヤしているほど、あほらしいものはない。なに考えてんの、と軽い自己嫌悪に陥っていると。

「バージンなのに、こんなに濡れちゃってさ。自分でシてたりして」

 不意打ちの言葉責めに心臓が跳ね上がったはずみで、私は間抜けにも馬鹿正直に白状してしまった。

「理佐がっ、教えるから!」

 口をついて出たのを、しまった、と慌てて口を手で押さえたが、もはや後の祭りであった。彼女の夢うつつな双眸そうぼうめたように瞳孔を開く。そして、獣のような鋭い光が宿りはじめた。

「へぇ……してんだ?」

 表情はクールだったが、口はどこか嬉しそうに歪んでいる。牙をいている、と捕食される側の防衛本能がそう言った。

「あーだからか。最近色っぽくなったのは、一人エッチしていたからなんだ?」

 彼女は狩りをはじめるようにむくりと起き上がると、生き餌の私を追い詰めるように、壁に手をついてきた。私は喰われるよろこびを見られまいと、面を伏せる。

「ねぇ、どこしてるの? ここ?」

 理佐の手が私の両脚の間に割り込み、指先でグッと中心を突く。小さくかぶりを振った。

「じゃあ、ここ?」

 次は突端をつついた。うつむいたまま、返事はしない。

「今日は––––」

 今度はパンツの縁に指を引っ掛けながら、耳元で囁いてきた。かすかに熱を帯びた吐息が耳をくすぐる。

「パンツ脱いで、しよっか」

 妄想が現実になっていることに、これは夢なんじゃないかと頬をつねりたくなる。
 喰われる覚悟を決めた私はぎゅっと瞼を閉じ、餌食らしくじっと微動だにしないでいた。すると。

「葵、もうおこちゃまじゃないし、一人で脱げるでしょ」

 理佐は呆れたように、クスクスと笑っている。カァッと顔が熱くなる。
 彼女は既にサディストモードだ。さっきまで眠たそうな顔が嘘のように、ほら、いつの間にか“女王様”の顔になっている。女王様に「NO」は通用しない。従うほかなかった。

1件のコメント

コメントを残す