愛撫の刑

「遅い」

 彼女はやや濡れている髪を手ぐしできながら、不機嫌そうに言った。垂れ目がいつも以上にトロンと垂れている。

「理佐」

 今日の部屋割りは、私と理佐––––同室だった。眠たそうな理佐が私の脇を通りすぎた瞬間、シャワーから上がった清潔な香りが鼻をかすめた。
 私たちの部屋にも備わっているはずのバスルームを使わなかったことに、素朴な疑問が浮かぶ。様子からして理佐はかなり疲れてるようだった。ある疑念が脳裏をよぎる。

(志田ちゃんと……エッチしたのかな)

 彼女のくたびれた様子がどうしても、セックス後の気怠けだるさに見えてならない。単なる処女の思い込みであってほしい、と願うばかりだった。

「……」

 考えただけで胸がプレスされるような圧迫感を覚え、ぎゅっとパジャマのすそを掴んだ。
 ドラマでは、演技だと分かっていても、ねるとカップル役。そして現状では、志田とカップル。二人とも可愛くて、綺麗で。私は……付け入る隙がなかった。
 理佐は目をこすりながら手前のベットに転がると仰向けになって、両腕で抱えるようにして顔を伏せた。

(そこ、私のベッドなんだけど)

 脚が自然と彼女に歩み寄っていた。ジュレ化した脳みそが「宿題は明日でもいい」と、いい加減な指令を出している。
 理佐の隣に座って、じっと動かない彼女に話しかける。

「今日は……どこ行ってきたの?」

 あくまでも友達に気楽に尋ねるように、笑顔でく。なにも深い意味はないですよ風を装いつつも、「私、寂しかったんだよ」という雰囲気をそれとなく漂わせた。
 理佐は顔を伏せていた腕をくと、私に向かって横向きになった。よほど眠いのだろう、重たそうなまぶたをなんとか持ち上げている。

「んー」

 怠そうに手を伸ばしたと思うと、私の胸をまさぐってきた。ぴくんと体がる。
 友達とふざけ合うように揉んでいる指が、おっぱいの頂点をいた。身体がカッと熱くなる。

「あぅっ……」

 理佐の手は胸を執拗しつように責めることなく、滑るように股間へと這い進む。私は身体を硬直させた。
 手が突端に到着すると、親指の腹でそれを擦り上げてきた。パンツと、ズボンと、二枚の布越しでも強烈な刺激を感じた。衣摺きぬずれの音を立てながら突端の上でうねり動く淫猥な指に、じゅんっとアソコが濡れたのが分かった。

「葵」

 理佐はベッドに両肘ついて、私の太腿をさすってきた。

「ズボン脱いで」

 まともに働かないジュレ脳みそに断れるはずがない。私はもじもじと恥じらいつつも、命令に従ってショートパンツを下ろす。

1件のコメント

コメントを残す