こじらせ系女子

「あ、そうそう。最近、なんか上司に言い寄られたんだけど」

「えー、それやばくない? 茜可愛いもんねー」

「それでどうしたん? まさか……」

 紹介しよう。高級ブランド品で全身を固めて、自信たっぷりな口調で話している女性は守屋茜。彼女こそ今回の物語の主人公だ。

「もちろん、断ったよ。当然じゃない?」

 茜はそう答えると、ワイングラスを揺らしてから口へ運んだ。そして、ほおづえをついて「私だって馬鹿じゃないし。遊ぶ相手は吟味ぎんみしますから」と、得意げに語る。

「さっすがぁ~!」

「茜、この中で一番女の人生謳歌おうかしてるじゃん!」

 一流大手企業勤めのルーキー。上流階級出身のお嬢様。小中高と続けて副生徒会長を務め、成績優秀、部活のテニスでも輝かしい成績を収める。おまけに、女子力も高いパーフェクトウーマン。

「茜、経験豊富~!」

「若いうちに色々しとかないと損って感じ?」

 

 

 守屋茜。24歳。処女––––。

 

こじらせ系女子

コメントを残す