不貞

 空いてる手でねるの股間に伸ばし、饅頭まんじゅうのような丸みを帯びた割れ目をぱっくりと広げてみる。私が知っている控えめな小豆とは違い、真珠のようなクリトリスが確認できた。

(お、大きい)

 肉の真珠をねくり回すと、ねるは髪を振って、肉感的な肢体を狂おしくくねらせた。私の腕にしがみついて、かろうじて立ちの姿勢を保っている。

「はぅンッ! そ、そこぉ……」

ニュチャ、ニュチャ、ニュチャッ。

 もっとくねらしてやろうと、泥濘ぬかるむ溝を前後に滑らしたら、指がずぼりと根元まで挿入ってしまった。梨加ちゃんとは違って、少しゆとりのある肉のほらだった。体温以上に熱くて指がけそうだった。

(女って、こんなに濡れるんだ)

 私の指をもっと食べたいといわんばかりに、キュウッとすぼめてくる膣口に、男性ホルモンが活性化されてたかぶる。激しく指をし入れて、ねっとりと淫靡いんびなねるの蜂蜜はちみつき回す。

クチュ、クチュ、クチュッ。

 梨加ちゃんなら気遣きづかって出来ないことが、ねるならよろこんでくれそうな、そんな気がした。

(絶対変態だもん、ねる)

「んぐぅ……て、てちぃ、あン! 意外と、激しッ……は、ん」

 私の予想通り、変態な彼女は眉間に小じわを寄せながらも、嬉しそうに身体をよがらせた。とろりと、淫蜜が垂れてきた。
 肉茎をぶち込みたい衝動に駆られた私は、物欲しげに腰をくねらす。挿れたくて、突きたくて、気が狂いそうだった。
 ねるは、私のはちきれんばかりの欲求不満を察してくれたのか、ベッドに体を乗せてきた。ねるの裸体が目の前に迫る。

『一緒にプリクラ撮りたい』

 ねるが私の上にまたがってきた。おっぱいが目の前にある。心臓がぜる寸前だ。

『んー、ちょっと古いタイプだけど……どう?』

 なぜ、私はこんなに全身を熱くさせているのだろうか。
 梨加ちゃんと通話しながらの、ねると浮気。アドレナリンが大量に噴出して気持ちよくなってくる。残酷なほどに。私はもはや、正気ではいられない。

 私を弄ぶように男根のみきに割れ目を押し当てて、ぬちゃぬちゃと前後にスライドしながら意地悪にこすりつけてくる。

(熱ッ––––)

 奥歯を強く食いしばったつもりが、喉詰まりのうめき声を漏らしてしまったらしい。

「うッ!」

 私の身体から一気に血の気が引いていく。慌てて、ねるを突っぱねた。すかさず、こほんこほんと、その場しのぎの苦しい演技で恋人をかたる。

『友梨奈ちゃん? 大丈夫?』

 万事休す。
 それでもなお、図々しくねるが跨ろうとしてきたのを、押して目一杯抵抗する。

「ん、ううん! 少し疲れたみたい!」

 パニクるあまり、早口で答えてしまったことを後悔した。現状がよくなることを祈るばかり。

 ––––もちろん、充分梨加ちゃんを裏切った行為だが、まだ決定的ではない。挿れてなければセーフだ。

 私の勝手なこじつけ理論で、今回の過ちを正当化しようとする。

(駄目、これ以上は本当に駄目! 私には梨加ちゃんがいるし、こんないけないこと……)

 申し訳ないことに、梨加ちゃんをすっかり心配させてしまったらしく、お見舞いにくる流れになりかけている。

「いや、いい! いい、大丈夫だから」

 とにかく今は通話を一刻でも早く終わらせた方がいい。
 ねるを押したまま性急な調子で、終わる流れを作ろうと必死になる。
 今度は無理矢理跨って来たりはしなかった。それどころか、パンツを履き始めているではないか。私は、なぜか引き止めてしまった。
 梨加ちゃんもなかなか頑固な性格をしていたのか、粘ろうとする。

「ごめん、少し寝てから行く。ご飯には間に合うようにするから」

 ねるは私が本気で拒否していないこともわかっているかのような、余裕そうな表情で言った。

「いいの?」

 私は返事しない。

『分かった……お大事に』

 ねるが再び跨ってきた。
 梨加ちゃんの健気な姿に胸が痛む。けれど、射精したいというストレートな欲望もまた悩ましくも男––––いや、ふたなりの本音だった。
 焦らすように、浅瀬でつぷっつぷっ、と抜き差ししてきた。腰を上に突き上げたい衝動を必死に堪えてみせる、悪あがきしたところで状況が絶望的なのは変わらない。

「––––っ」

 梨加ちゃんへの罪悪感。ねるに埋めたくてうずうずしている欲望。私のこの気持ちわかるだろうか。気が狂う寸前だ。
 貞操観念にしがみついている利口な私の息の根を止めるように、耳元で囁いてきた。

「ねぇ、私が欲しい?」

コメントを残す