心の支えになるひと

 カーテンから漏れる微かな明かりが私の顔に当たり、目が覚める。時計を確認すると朝の5時前だった。

「あ、行かなきゃ……」

 ランニングに行かなきゃ。
 私は早朝のランニングを日課としていた。始めたきっかけは、体力づくりでも、精神安定でもあるし、もう一つの目的があったから。

 起き上がろうとすると、胸に重みを感じた。柔らかな腕が私に乗っかかっていた。柔らかな腕の犯人は、隣で寝息をたてて私を抱きしめている。私たちは生まれたままの姿だった。私たちが初めて結ばれて以来、梨加ちゃんと毎晩、枕を共にしている。
 仕事があるのに、ほぼ毎晩梨加ちゃんを求めた。身体の疲労感が心地よくもあった。なんだか半同棲のような感じがして、くすぐったい気持ちになる。

「梨加ちゃん、ちょっとごめんね」

 梨加ちゃんを起こさないように、慎重に腕を退けてあげる。眠りが深いのか、退けても反応はなかった。
 寝顔も魅入るほど美しい自慢の恋人の瞼に軽くキスをして、勝手に照れてしまった私はすぐに服を着て外に出た。

 

 暁の光を浴びつつ、土手でランニングする。もうすぐ6月とはいえ、早朝は空気が澄んでいて、ほんの少し肌寒かった。川の向こうから吹いてくる潮の香りのする風を受けながら、川の真ん中に立つ高速道路にちらほら走っている車と競争する。こうしてランニングすると、考え事とかしなくて済む。
 気持ちよく走っているところで、前方でストレッチをしながら休憩している姿を捉えた。見覚えのあるランニングウェアだった。私は、その人の名を呼んだ。

「ねるっ!」

 ねるは驚いたような顔をして、私の方を見た。そして、笑顔になる。

「てちー!」

 私のランニングの目的は体力づくりと、精神統一と、そして、ねるとコミュニケーションを取ることだった。ねるも一緒に横に並んで走る。

「まだ少し涼しいね!」

「じきに暑くなるよ」

「えーそれもなんかやだーやばくない? ねぇ」

 このように、他愛もない話を交わしながら走る。

 

 折り返し点に着いたところで、私とねるは階段に腰掛けて休憩をとった。いつものようにイヤフォンを半分こして歌を聴く。いつもは尾崎豊の歌だったが、今回はサイレントマジョリティーを聴いた。

「なんか、自分の声を聴くって変な感じ」

「すごいことじゃん!」

「えー」


君は君らしく生きて行く自由があるんだ
大人たちに支配されるな
初めから そう諦めてしまったら
僕らは何のために生まれたのか?
夢を見ることは時には孤独にもなるよ
誰もいない道を進むんだ
この世界は群れていても始まらない
Yesでいいのか?
サイレントマジョリティー––––

 曲が終わると、ねるはイヤフォンを外した。その表情はどこか暗かった。きっとこのままではお互い押し黙ったまま、時間が過ぎてゆくだけだろう。だから。

「……ひらがなけやき、とうとう発足したね」

 私の方から切り出した。ねるは私の方を見ながら切なそうな表情をして「うん」と、頷いた。