初デートの巻

 嵯峨嵐山駅に着くと、古都という雰囲気をあまり感じさせない、地味な風景が広がっていた。

「ここからちょっと歩くけど大丈夫?」

 茜の靴に視線を落とす。彼女のは、サンダルタイプのウェッジソールだった。自分のは踵が高くないタイプのモンク・ストラップだからいいものの、彼女には辛い思いをさせてしまわないだろうか。あまり歩かせるのは紳士のマナーに反する行為とも思えた。

「平気に決まってんじゃん。テニスで鍛えた私をあまり見くびらないでよ」

 今の気遣いが、彼女の負けず嫌いな性格に火を点けたらしい。茜は強気に腕を組んで、顎を上げてドヤ顔で言った。
 感心、そして、安心した。デートするなら元気な女性が一番だなぁ、とうっとりと目を細める。

「さ、友香のデートプランをうかがいましょうか!」

 挑発するようにてのひらを広げて突き出してきた。
 私は、よくぞ聞いてくれました、とばかりに自信たっぷりに胸を張る。

「じゃあまずは野宮神社に」

「えっ、神社?」

 茜の顔が曇った。満ち溢れていた自信がすっかりしぼみ、声が尻すぼみになる。

「な、なんか、恋愛成就で人気だとか……」

 茜の顔が晴れた。

「えーそれ早く言ってよ! 今から行こ! 早く!」

 想像通り、食いついてきたのが嬉しくなる。

「早く早く~、恋愛運が逃げちゃう前に!」

 今度は、とろい牛を無理矢理押す飼い主のような茜に、急かす形で背中をぐいぐい押されながら目的地へ進んで行く。悪くない。

「恋愛成就って、どのくらい効果あるのー? 本当に叶っちゃうわけ?」

「野宮神社だっけ? パッとしない名前の割にはロマンチックじゃん、ね!」

「どんな場所だろ? ピンク尽くしだったりして」

 道中の会話は、茜から野宮神社の話を一方的に聞かされるばかりで、マスカラで強調されたパッチリおめめには、ハートが浮かんでいる気さえした。
 茜の想像以上の食いつき具合に、彼女にも好きな人がいる疑惑がよぎってしまう。

「あと、一〇分くらいで着くよ」

 私は作り笑顔で、余裕を装って見せる。内心では、デートプランに野宮神社を加えたことを後悔しはじめていた。

1件のコメント

コメントを残す