初デートの巻

 駅からまた遠ざかっているのに、気付いた。私たちは引き返すどころか、そのまま進んでいったのである。

「茜?」

 返事はない。そのままついて行くと、「嵐山公園」に入っていった。公園では、家族連れやカップルたちが長閑のどかに休暇を謳歌おうかしていた。そんな彼らをうように歩いていく。桂川のほとりに立つ桜の木に向かって。
 茜は私を繋いだまま、桜の木に背をついた。垂れた枝がすだれとなって、私たちを隠している。
 経験が浅い私でもわかる。これは、誘っている。

「あの……?」

「なに? ぼさっとしてないで、さっさとしてよ」

「えっ。な、なにをする、の?」

 茜は肩を落として軽く白目を作った。 嘘でしょ、と言いたげだ。

「デートの終わりっていったら、することあるんじゃない?」

「ちょ、ちょっと待った!」

 大人すぎる彼女に、お子ちゃまな私はどぎまぎしてしまう。

「その、あの、えっと。急かすとかそういうんじゃないけど……」

 再び、動悸が早まる。それは、息苦しさを覚えるほどに。

「私、茜の恋人に、立候補してもいい、ですか?」

 怖かったけど、それ以上に茜の気持ちを知りたい感情が上回った。

「茜の気持ちは、どう、なのかなって思って。あっ、返事は今すぐとかじゃなくてもいいんですけど……」

 茜からの返事は、ない。沈黙に負けた私は。

「……無理だよね、やっぱり。困らせちゃってごめんなさい」

 言い終わると同時に、引っ張られた。茜と接近距離にあって、私の心臓がまた早鐘を打つ。
 心臓がもたない。きっと、寿命5年分縮んだに違いない。

「なに勝手にフラれてんの。そんなにフラれたい?」

 頭をふるふると横に振る。

「好きじゃない人とはこういうことするわけないでしょ、それぐらい分かって」

 こういったことに慣れていない私は驚愕を露わにするだけで、知性的な返しができずに、あたふたするばかり。開いた口が塞がらない。

「答えはイエスなんですけど。友香の鈍感」

 茜の指先が、私の顎に這わせていた。動きはどこか、いやらしい。彼女の色気との相乗効果が、健全なフタナリ・・・・には毒だった。
 この時の私の気持ち、わかるでしょうか。予想外の返事にどうしようもなく動転しており、漫画なら顔に無数の斜線を入れてるくらい、ひどく赤らめている。
 現に今、直立不動の状態で硬直しているのだから。

「手繋いで帰ろうか」

 茜はいきなり、私たちがカップル役を務めた曲名を口に出したと思うと、手を絡ませ、親指で私の唇を撫でてきた。明らかに確信犯である。

「の続きをして」

 茜はゆっくり目を閉じた。彼女の白い肌に、長い睫毛が影を落としている。その目尻には、印象的な泣きぼくろがある。彼女が大人の色気を出せる大きな武器のひとつとして、その官能的な泣きぼくろの存在に違いない、と私は勝手に推測している。
 なんとなく辺りをきょろきょろしてから、距離を詰めた。

「大事にします」

 返事代わりに、茜は微笑んだ。私も目を瞑った。その時だった。

「友香と茜~?」

 触れる直前、聞き慣れた声にビクッとした私たちは慌てて離れた。簾のような垂れた枝から姿を現したのは、小池と土生だった。

「えっ、二人とも何してん?」

 小池はいぶかしけな顔を私たちに向けた。私たちの親密さに、友人以上のなにかを感じ取っているような様子である。逆上のぼせていた私は、急に冷や汗をかいた。

「ちょっと髪にゴミがついてたから、取ってもらってたの」

 あたふたしている頼りない私の代わりに、茜が冷静な調子で答えた。小池の顔が明るくなった。

「もーびっくりした! あまりにも近かったから!」

 瑞穂は八重歯をのぞかせながら笑っている。茜はまさか、と言わんばかりに笑っていた。私も合わせて、愛想笑いをした。内心、心残りが凄まじかった。

 

 帰りの便の時間も迫っていたので、土生小池ペアと一緒に駅に向かうことにした。
 今度は、美しい景色を存分に楽しみながら橋を渡ると、茜が腕組んで耳元で囁いてきた。

「友香、好き」

「ふおぇっ!?」

 思わず奇声をあげると、前を歩いていた土生と小池がびっくりして振り返った。

「えっ、なになに⁉︎」

「びっくりしたやん!」

「あ、いや、あの、えっと。蚊がいて。ごめんなさい、はは……」

 茜と一緒にいると、全く気の休まることがない。しかし、それも嬉しい悲鳴だ。

 

 私があの祈願用紙に書いた「私の気持ち」が吹き飛ばされたのも神様のいたずらだろうか、と思うと、今度は感謝するように祈った。

(恋の神様! 本当にありがとうございます! 茜は、“私が”絶対に幸せにしてみせます!)

2件のコメント

  1. インターチェンジ面白すぎて一気に見ました!
    次の更新はいつですか?
    待ってます!!

コメントを残す